スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回し車のゴールは

この一ヶ月で、個人的にいろいろなことがあった。
いろいろと言っても、元を辿れば1つなのだが。
自分を支えていた芯が崩れ落ちるのは、いかに簡単なのか、思い知った。

自分はどうやらある病気に罹っていたようだ。
「ストックホルム症候群」
はたと現実に立ち返った時、
私に残ったのは、嫌悪、憎悪、そして殺意。


神様なんか、最初から、いなかったんだ。


神様亡き今、
これから自分は何を支えにして生きていったらいいのだろう。
何を楽しみにして生きていったらいいのだろう。
この世からいなくなりたい。とっとと。


貴志裕介「悪の経典」を読んだ。
今の心境が心境だけに、読後感がさわやかすぎる。
脳内で、ハスミンに大車輪の活躍をしてもらおうかな。

マシンガンを抱え、そっと扉を開ける。
朝の光が、眩しい。
部屋の中の一点に、照準。
思い切り、撃つ。

そんな妄想が、止まらない。
スポンサーサイト

泣くなと言われても

一週間有給を取った。
ひたすら鬱になってみたり、マツケンの舞台を見に行ったり、
だらだらしたり、ぐだぐだしたり。
非生産的な活動ばかりだったが、個人的には満足だ。

泣くな、はらちゃんを見た。
まさかの超展開にびっくりしつつ、涙ちょちょちょぎれだった。
視聴率があまりよくないらしいが、
癒されるドラマだと思う。
打ち切りにならないよう祈るばかりだ。


最近、いい年こいて、何だか泣いてばかりだ。
会社に入って、初めて会社でマジ泣きした。
誰もいない更衣室でよかった。


そう。
確かに「なぁに言ってるん」だし「いつかはこういうこともあるやんか」なことも
理屈では分かっている。
でも、気持ちがついていかない。
「永遠の別れじゃないんやから、人は死なない限りは会おうとすれば必ず会えるんやから」
そう言われても、もうすぐお別れが来てしまうのは変わらない。
想い出は作りたいけれど、
想い出が楽しければ楽しいほど、
いなくなった後にぽっかりと残された空白が、きっと、とても苦しい。
だから、私は、行けない。

ああ、やっぱり私の神様はあの人なんだなぁ。
もしかしたら現実とマンガの世界くらい住む世界が違うのかもしれない。
あの人には、幸せになってもらいたい。
あの人は私のことは嫌いだと思うけれど、
私は、あの人がいたから、あの狭い世界がそれなりに輝いたものになったから。

随分前から覚悟はしていた。
覚悟するたびに泣いて、涙を枯らして、その繰り返しでここまで来た。
でも、いよいよタイムリミットが迫ってきてしまった。

本当に、最近泣いてばかりだ。

奇跡は間に合うのだ

AKB48リクエストアワードで、
我が推しメン宮澤佐江のセンターユニットの
「奇跡は間に合わない」が、
なんと2位にランクイン。
朝ケータイニュースで見て、涙腺崩壊寸前だった。
おめでとう、さえちゃん。

↑の曲は、「ゲンキング」と異名をとる彼女の唯一のセンター曲なのだが、
その曲名がネガティブなのがまた興味深いところだ。
「陽」の彼女が見せる、ちょっとした「陰」。
そんなところも彼女の魅力だと勝手に思っている。

検査結果が出たので、
午後休暇をとって病院へ。
とりあえず、医者いわく「まっっっっったく問題ありません」とのこと。
症状は決して治った訳ではないのだが、
まあ、変な病気でなくてよかったよかった。

引継ぎをした先輩に理由を聞かれたので、正直に
「気になる症状があって、先週病院で受けたガンの検査結果が今日出るから行ってくる」
と伝えたところ、ものすごく心配させてしまったらしく、
その日転勤が決まった上司から
「お前大丈夫か?半日と言わずに一日休んでいいんだぞ?
どこが悪いのか?体調悪くないか?無理するなよ?」
とめちゃくちゃ心配されてしまい、かえって申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
しきりに病状を聞かれるも、
症状的に非常に答えづらかったので、濁すのが大変だった。

そう。
そういう風に何かにつけ目をかけ心配してくださっていた上司が転勤になった。
困った時にはいつも助けてくれ、
悩みを相談してもきちんと受け止めてくれ、
飲み会での自分のつまらない話を聞いてくれた優しい上司がいなくなる。
職場のかけがえのない心のオアシスが1つ消えてしまう。


そして、もう1つのオアシスも、消えてしまうことになった。

今までは、
困ったことがあったら、誰かに泣きつけば何とかしてくれる
とどこかで思っていたし、
実際何とかしてもらっていた。
正直今だってそう思っている。
だが、もう違う。

上司に言われたように、
こちらが何も言わなくても自分を心配してくれる人は、もう、いないのだ。

怒られてへそを曲げても、
勝手に落ち込んでいても、
ミスってあたふたしていても、
もう、手を差し伸べてくれる人は、どこにもいない。
自分で戦わないといけないのだ。

もちろんやっていかねばならないのだが、できるのだろうか。
不安で不安で仕方がない。
涙とため息しか出ない。

午前はまるまる思いっきり

休日出勤の振り替えで平日の休みが取れた。
気になる症状がここしばらく続いていたので、
勇気を出して病院に行ってみた。

診察してくれたのは、
大学出たばかりに見えるほわんとした非常勤の女医さん。
こんなほわわんとした人がなぜお医者さんになったんだろう。
めっちゃ頭のいいお嬢様なのかしら、と思いつつ、
検査をしてもらう。

とりあえずその場では明らかな異常は見つからなかったとのこと。
一緒にやったガン検査の結果が来週分かるので、
それを見て考えましょう。
とのこと。

処方してもらった薬で、気になる症状をある程度抑えることができそうだ。
ガンだったらどうしようという一抹の不安を覚えながら待つ一週間。
今自分と似たような症状をネットで調べまくっている。
ガンの可能性は低そうだとネットの情報を元に勝手に思っているが、
もちろんそんなの素人判断だ。

健康のありがたさに、いつも具合が悪くなってから気付くのは、
何とかならないのだろうか。

おかしいな
そう思ったら
すぐ病院
早期発見
一番大事


ひさびさに見た

普段滅多に連続ドラマを見ないのだが、
なぜか思い立って、新ドラマを2本見た。

1つが「シェアハウスの恋人」、
もう1つが「泣くな、はらちゃん」だ。

シェアハウスの恋人は、
最近ほんのりと一人暮らしがしたいと思っていたことから、
何となく見てみた。
個人的にはちょい期待外れだったかもしれない。
バスの演出で、冷めてしまった感があった。
だが、最後のシーンがある意味衝撃的だったので、
来週も見てみよう。

泣くな、はらちゃんは、
何のドラマかさえよく知らなかったが、本当に何となく見た。
こちらは期待以上だった。
設定が設定なので、話が多少ぶっ飛んでいても許される気がした。


あなたが笑えば世界が輝くんです、だから幸せになってください


泣いた。まさか泣くとは思わなかった。
来週もぜひ見たい。
個人的には視聴率が伸びて欲しいドラマだ。


私の神様にも、いつも笑っていて欲しい。
幸せになって欲しい。
はらちゃんと違って、私は神様を幸せにすることなんか、できそうにないが。

プロフィール

ひまこ

  • Author:ひまこ
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。